横浜M―広島は予定通り開催へ 68人中67人が陰性、1人が23日に再検査も濃厚接触者なし

23日の横浜M―広島は予定通り行われる
23日の横浜M―広島は予定通り行われる

 J1横浜Mは22日、トップチームスタッフ1人に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを受けて、21日に監督、コーチ、選手、スタッフの計68人がPCR検査を受検し、67人が陰性判定を受けたことを発表した。1人は検査課程において判定不能となり、23日に再検査を実施する。同日のJ1第12節広島戦(日産ス)は予定通り行われる。

 クラブは判定不能者について、念のため隔離をしたうえで行動履歴をJリーグとともに検討し、「Jリーグ独自の濃厚接触疑い基準」に該当する者がクラブ内にいないことを報告した。

 クラブは今後の対応について、「現在のところ、トップチームの監督、コーチ、選手、スタッフに、新型コロナウイルス感染症や風邪・発熱の症状を呈している者はおりません。クラブとしましては、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知、徹底をはかってまいりますとともに、保健所、行政との連携等、全面的に協力してまいります」としている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請