馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

来週は東に注目(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、ワタクシは超アバウトでテキトーで、身の回りのことにだらしない、と知り合いから思われがちです。自分の生活を冷静に考えてみると、まぁ、否定はいたしません。ただ、ステイホーム中に柄にもない掃除の時間が増えまして、色々な整理していると、自分がモノを捨てられない人間であることに気づいたのです。

 ラックなんかを整理していると、奥の方から学生時代に使ったシャープペンシルや蛍光ペン(もう20年も使っていないのに、色がまだ出てビックリ!)、さらには大学3年頃だったか、最初に買ったガラケーなんかも出てきたりする。全く興味のない洋服だってそう。もう10年近くも着ておらず、サイズ的にもう無理でしょと思える服も結構残っていたりする。で、それを何とかしようと思うんですけど、結果的にはまだ処分しなくていいか、何か使えるかもと考えて、コンパクトに収納し直すだけといった作業で終わってしまうんです。シャープペンシルや蛍光ペンはまだしも、20年以上も前のガラケーなんてねぇ。思い出に浸りたいとかいうタイプでもないけど、意外に切り捨てられかった自分に驚きを隠せず…。まぁ、ステイホーム期間、色々なことに気づかされますわ。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょうか。

 小倉5Rは芝1800メートルの新馬戦。橋口厩舎の【グラティトゥー(牡、父エピファネイア)】は陣営の感触が非常にいい。「かなりいいですね。心肺機能が高くて、スタミナがある。切れる脚も使えそうです」と橋口調教師は話します。大久保厩舎の【アシナダカ(牝、父エイシンフラッシュ、母マロノヴィーナス)】は「まだ非力ですが、追うごとに良くなってきましたね。あとは当日の落ち着き次第」と谷口助手は説明。手応えはありそうです。あと、母系にシックスセンスなどがいる杉山晴厩舎の【フォーコーゼズ(牡、父ダイワメジャー、母セブンスセンス)】は2週連続で調教に騎乗した鮫島駿Jが「水準ぐらいは動けています。ただ、使いつつ良くなるタイプかもしれません」と冷静に分析していました。

 オッと、池江厩舎の【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ)】を忘れてはいけません。今年の池江厩舎、初のディープ産駒になります。現3歳の全兄に毎日杯3着だったダノンアレーがいますね。「常歩(なみあし)では緩さを感じるんですが、(脚を)伸ばした時の感触がいい。コントロールも利きそうで、初戦から走れそうです」と兼武助手の感触も上々。池江厩舎のナツコクといえば、昨年もヴェルトライゼンデがここから始動しましたもんね。

 さて、来週は小倉よりも新潟が熱そうです。牝馬限定、芝マイルの新馬には先週の新馬を予定していた友道厩舎の【シャドウエリス(牝、父ハーツクライ、母パールシャドウ)】に、橋口調教師が非常に手応えを持っている【マンヌポルト(牝、父ミッキーアイル、母ジヴェルニーアート)】(除外なら翌週の小倉芝1800メートルが本線のようです)。で、ここには音無厩舎の【シュトゥルーデル(牝、父ディープインパクト、母ウィンターコスモス)】もMデムーロJで参戦します。「小さくまとまっていて、柔らかい馬ですね。いいですよ」と生野助手。全兄にアイスバブル、同じ母系にミヤマザクラなど活躍馬多数の一族ですし、どんな走りをするのか楽しみです。

 その音無厩舎は小倉の芝1200メートルには松若Jで【ヴェックマン(牡、父ミッキーアイル、母マルティンスターク)】がスタンバイ。阪神でのデビュー予定が外傷で延期になり、仕切り直しの一戦ですが、「後遺症なんかはないですし、いい動きですよ」とこちらもデビューVを狙える態勢。そして、再び新潟に戻って、芝2000メートルには【アメリカンピース(牡、父Tapit、母La Cloche)】も戸崎Jでスタンバイしています。ただ、ここにはオークス馬の母を持つ石坂正厩舎の【セブンサミット(牡、父モーリス、母シンハライト)】も福永Jでスタンバイしているようですし、面白いメンバーとなりそうです。

 新潟は日曜メインで新潟2歳Sが行われますね。関西からは新馬Vで非常にセンスの高さを感じさせた清水久厩舎の【シュヴァリエローズ(牡、父ディープインパクト)】、松永昌厩舎の【フラーズダルム(牝、父キズナ)】が注目を集めそう。あと、幼さを前面に出しながらのデビューVが印象的だった橋口厩舎の【ハヴァス(牡、父ルーラーシップ)】もいますね。実は今週、19日に追い切る予定だったんですが、Eコースで掛かり気味に時計を刻んだため、21日に坂路での追い切りとなったんです。相変わらず気性は幼いんですが、それでも前走は快勝。「潜在能力は相当に高いと思いますよ」と橋口調教師は口にします。それを出し切れるよう、レースまでどう持っていくのか注目したいですね。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌8R・4サンテローズ(既走馬相手のデビュー戦が、とにかく強烈だった。素質は重賞級か。平場にしてはメンバーがそろったが、ここも通過点にする)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

小倉2R・3タイセイエクセル(外枠から先行争いに加わった前走が好内容。連闘でひと押し)

小倉9R・9ナンゴクアイネット(前走は少し調子落ちだったが、しっかり立て直してきた)

新潟9R・14タツオウカケンラン(前走時に藤岡康Jが「上のクラスでもやれそう」と話していたが、集中力が切れたのか、バッタリと止まった。気性面を考えると、直線競馬で本領発揮とならないか)

新潟11R・1エルモンストロ(ハイペース濃厚。コース巧者が差し込む)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請