女子やり投げ日本記録保持者・北口榛花「もう後戻りできない」 セイコーGGPで新助走スタイル

 女子やり投げ日本記録保持者の北口榛花(22)=JAL=が22日、オンライン上で行われたセイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)の前日会見に登壇。「今季初戦を新国立競技場で迎えられて、とても楽しみ。来年の五輪へ向けて、雰囲気とかも感じて試合に臨みたい」と意気込んだ。

 コロナ禍では思うような練習ができなかった時期もあったが、6月から競技場での専門練習を再開。来年の五輪会場での初の公式戦となるが「ピットの地面の固さチェックと、競技場の風の抜け方を把握して臨みたい」と細かな点もチェックするつもりだ。

 東京五輪の延期については「あと1年あるからこそ取り組めることにチャレンジしています」と前向きにとらえ、助走歩数の配分を変更。「助走の全体歩数は変化なし。前向きに走る保持走を2歩増やし、横向きを2歩減らした。その分、助走スピードが速くなると考えて変更しました」と説明した。助走スピードが上がるため記録向上も見込めるが、投てき動作の難易度もアップ。数日前には以前の形に戻すこともアドバイスされたと言うが「もう後戻りはできない状態。、元々の助走のリズムは忘れているので、このまま突っ走ろうと思います」と笑顔で話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請