桐生祥秀、五輪会場初陣へ「新国立で思い出が残る走りを」 23日にセイコーゴールデングランプリ開催

桐生祥秀
桐生祥秀

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が22日、オンライン上で行われたセイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)の前日会見に出席。五輪会場で行われる今大会へ「新国立で思い出が残るような走りをしたい」と思いを新たにした。

 今季は、初戦の北麓スプリント(山梨)で100メートル10秒04の好記録をマーク。今戦では、自身2度目の9秒台突入も視野に入る。「今年はあと何本走れるか分からないので、1本1本走るつもり。こういう時だからこそ、元気が出るような走りをしたい」と気合いを入れていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請