コロナ感染の錦織圭 再検査でも陽性 全米オープン出場判断は保留

錦織圭
錦織圭

 男子テニスの錦織圭(30)=日清食品=は21日、自身の公式アプリで新型コロナウイルス感染確認の再検査で陽性と判明したと発表した。「症状はとても軽く、完全に隔離状態にある」と説明。次回は週明け早々に再び検査をし「その時にアップデートした情報を出せる」とし、31日開幕の全米オープン(OP、ニューヨーク)出場については言及しなかった。

 練習拠点のある米フロリダ州にいる錦織は、発熱や倦怠感があり16日に自ら検査を受けて感染が発覚。全米前哨戦で男子ツアー再開初戦ウエスタン・アンド・サザンOP(22日開幕・同)の欠場を決めていた。右肘を故障し昨年9月以降は戦線を離脱。ツアー再開初戦が約1年ぶりの実戦になるはずだった。

 全米では到着初日に選手、関係者らにPCR検査が義務づけられ、陰性が確認された後で入場が許可される。錦織の関係者によると、大会側からは開幕前のどの時点までに陰性が証明される必要があるのかは通達されていないという。前哨戦でも同様の措置が取られており、陽性と判断された関係者1人と接触していた2選手は欠場を強いられた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×