藤井聡太2冠「強くなっていかないといけない」―一問一答

二冠達成に笑顔を見せる藤井聡太新王位
二冠達成に笑顔を見せる藤井聡太新王位

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(福岡市)で木村一基王位(47)をストレートの4連勝で破り、史上最年少2冠と史上最年少の八段昇段を達成した藤井聡太2冠(18)が20日、終局後に会見した。以下、会見での一問一答。

 ―番勝負を振り返って

 「2日制で持ち時間8時間は初めて。番勝負なのでいろんな戦型で指せればと思いました。一手一手、自分なりに、しっかり考えて指せたのでは。木村先生には自分には気づかない好手も指され、課題も感じました」

 ―木村王位に学んだことは

 「こちらは初めてで分からないことも多かった。その中で、木村先生の立ち居振る舞いが勉強になった。今後に生かしていきたい」

 ―今年の夏はどうだったか

 「棋聖戦の番勝負に出ることもでき、得難い経験ができた」

 ―「自分のピークは25歳」と話していたが

 「強くなるという目標は変わらないので、7番勝負で勉強になったことを成長につなげたい」

 ―史上最年少の2冠と八段昇段だが

 「なかなか実感が湧いてこないが、そういう立場になって、より精進して、いい将棋をお見せしたいという思いはあります」

 ―ここまで王位戦は予選から無敗

 「苦しい将棋も多かったので自分の実力以上の結果を出すことができた」

 ―飛車切りの封じ手は36分も考えた

 「局面としては一つの分岐点。(定跡と)どちらがいいか考えていました。封じ手辺りは自信のない局面で、強く踏み込んでなんとか勝負しようと思った。積極的に行ったのが結果的に良かったのかな」

 ―木村王位との年の差はやりづらくなかったか

 「渡辺(明)先生、木村先生、棋風の違うお2人との対戦で、一局ごとに新しい発見がある気がしています」

 ―八段は、昨年2月に昇段した師匠・杉本昌隆八段に並んだ。

 「あ~…そのことは自分でも気づいていなかった。師匠とは同じクラス(順位戦、竜王戦)にいるので、お互い高め合っていければいいのかな」

 ―東海に2つ目のタイトル

 「ずっと応援していただいている地元の方に、また一ついい報告ができたのでは」

 ―学校の方は

 「6月は対局が多く、なかなか通えなかったですが、番勝負が終わったので、改めてそちらの方も考えたい」

 ―杉本師匠は「王位を取れば藤井時代の幕開けと言っていいのでは」と話していた

 「全体的にいえば課題が見えた部分がある。まだまだ改善していかないと。強くなっていかないといけない」

 ―対局以外で楽しめたことは

 「地元の食べ物をいただくのを楽しみにしていた。第1局の豊橋での、三河の海鮮丼がとてもおいしかった。海鮮丼はタイトル戦の時の“好手”かな」

 ―高校生2冠。少年、青年、どちらの表現か

 「自分としてはどちらでも、というところですが、タイトルホルダーという立場にもなりましたし、将棋を、ある意味代表する自覚が必要になるのかな」

 ―八段になったが、「藤井八段」とは呼ばれなくなるかも

 「段位は意識することはないんですが、七段が長かったので、一つの節目になる」

 ―秋からリーグ戦が始まる王将戦で今期中の3冠がかかる

 「メンバーも強い方ばかり。自分もいい将棋が指せるよう頑張りたい」

 ―後進の少年たちにアドバイスを

 「自分が将棋を始めてから12年。一局ごとに新しい発見がある。それを楽しんでほしい。負けた時の悔しい気持ちも大切なので、その気持ちを次に生かしていってほしい」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請