山尾しおり氏「国民は案外賢い」ツイートを反省「無自覚な上から目線を訂正する機会を頂いてありがとうございます」

国会議事堂
国会議事堂

 山尾しおり衆院議員は20日、自身のツイッターで「『国民は案外賢い』という言い方良くなかったです」と反省した。

 きっかけは、国民民主党の解党と立憲民主党との合流についての連続ツイートだった。その中で「『質より数だ!』『結集せよ!』というのは愚民思想なんじゃないかな。『所詮国民は理念なんて求めてない、政策なんて分からない』という、政治家の根拠なき上から目線。でも愚民思想って、政治家自身の努力不足を国民に責任転嫁するロジックだと思う。幸い、国民は案外賢い」とツイートしていた。この中の表現に、ユーザーから指摘が相次いでいた。

 山尾氏は「そして早速指摘をいただきました。『国民は案外賢い』という言い方良くなかったです。ごめんなさい!その前に書いているように『国民は賢い』です。自分自身の中にもある無自覚な上から目線を訂正する機会を頂いてありがとうございます」と記していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請