藤井聡太2冠が18歳の決意「将棋界を代表する自覚が必要に」

二冠と書かれた色紙を手に笑顔を見せる藤井聡太新王位
二冠と書かれた色紙を手に笑顔を見せる藤井聡太新王位

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(福岡市)で木村一基王位(47)をストレートの4連勝で破り、史上最年少2冠と史上最年少の八段昇段を達成した藤井聡太2冠(18)が20日、終局後に会見した。「将棋界を代表する自覚が必要になるのかな」と“棋界の顔”として語った。

 王位戦の番勝負は初の2日制、持ち時間8時間の対局。「一手一手、自分らしく、しっかり考えて指せたのでは。木村先生には自分には気づかない好手も指され、課題も感じました。大変勉強になった。今後に生かしたい」とシリーズを通じて得た経験値の大きさを表現した。

 18歳1か月での最年少記録の2冠&八段。「なかなか実感が湧いてこないが、より精進して、いい将棋をお見せしたいという思いはあります」「七段が長かったので、一つの節目になる」。師匠の杉本昌隆八段(51)と段位が並んだことには「自分でも気づかなかった。師匠とは(順位戦・竜王戦で)同じクラスにいるので、お互い高め合っていければいいのかな」と照れくさそうに話した。

 今後の目標については「まだまだ改善していかないと。強くなっていかないといけない」とキッパリ。今期中は王将を獲得するチャンスがあり、3冠を目指して秋からリーグ戦が始まるが「メンバーも強い方ばかり。自分もいい将棋を指せるよう頑張りたい」と新たな目標を見据えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請