引退表明の内田篤人はW杯に翻弄されたのか。果たせなかったハリルとの約束…担当記者コラム

14年のW杯ブラジル大会でボールをキープする日本代表・内田(右はコートジボワール代表・ドログバ)
14年のW杯ブラジル大会でボールをキープする日本代表・内田(右はコートジボワール代表・ドログバ)

 内田篤人が32歳の若さで引退を決断した。2006年に清水東高から鹿島に加入後、14年半年に渡ったプロ生活。内田が振り返って「つらかった」ということはあっても、さなかで弱音を吐くことはなかった。ブラジルW杯前に2014年に右ひざを負傷し、15年に手術を受けたあとはけがとの戦い。約1年9か月試合から遠ざかる時期もあり、リハビリと復帰を繰り返してきた。

 顔を合わせれば、必ず状態の話になった。「また、やっちゃった」と太ももの肉離れを伝えられ、うなずいていると「この繰り返しだから。付き合っていくしかないよね」と続けるまでが、あいさつの1セット。それほどけがが多く、結局「順調」や「状態が良い」という言葉は1度も聞くことがなかったが、弱音も聞いたことがなかった。

 支えていたのは、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督から送られた言葉だったように思う。18年ロシアW杯イヤーの前年、同監督からけがで苦しむ内田に、関係者を通じてメッセージが届けられた。

 「来年6月、ピッチに立つことさえできれば、W杯に選ぶ。ピッチに立てる状態でいてくれたら」

 レギュラー落ちした10年南アW杯。力を出し切ったが、勝てなかったブラジルW杯を経験した。ロシアW杯で「今度はチームを勝たせられる選手になって」と期した矢先、ひざに不具合が出て、人生が大きく変わった。またやるんじゃないか、と怖くて走れない中でも、内田の中では大きな目標となった。18年1月の鹿島復帰も監督の言葉を信じ、ロシアW杯に出るための最後の一手だった。

 結局、メンバー発表直前で、もはや何度目か分からない肉離れを再発し、自身3度目のW杯出場は幻に終わった。初めてのW杯で試合に出られない悔しさがあったからこそ、ブラジルW杯で無理をしたのかもしれない。それでも、3度目のW杯があったから苦しい時期を耐えられた。W杯に翻弄されたとも言えるが、W杯で生かされたとも見える。

 かつて「30歳を過ぎたくらいで引退できれば。まだ必要とされる力を持っている状態で」と話していた内田。状態面が大きく影響しているとは言え、32歳、早すぎる幕引きとなった。(内田篤人担当・内田知宏)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請