馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

注目の初陣(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も酷暑が続く栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、いまだにステイホームな時間が多い今年の夏。やることがなくなり、気まぐれで料理しちゃったりするんです。かれこれ四半世紀、一人暮らしを続けているんですが、ワタクシには驚くほどに生活力がない。特に料理なんてねぇ。たまにカレーやシチューをイッキに作るぐらいしかなかったんですが、今は暇な時間が多いもので…。

 しかし、クックパッドでしたっけ。便利なモノができたもので、最近は作り方を丁寧に教えてくれる動画なんかもあったりする。説明だって、正直、ド素人のワタクシにも分かりやすかったりします。ただ、作っている途中に細かい調味料がないことが判明し、買いに出かけたことも数回。みりんなんて、今後使うことがあるんだろうか。

 そういえば、学生の頃から女性のモテ料理というか、男性が弱い料理は常に「肉じゃが」だったりする。自分の中では特別な意識はないんですが、クックパッドに載っているとはいえ、自分=一人暮らしの男が肉じゃがを作る、ということには微妙な抵抗があるんですよ。やはり、肉じゃが=女性が作ってこそ、という意識が自然とあるんでしょうね。昭和生まれで、意外に古くさい感覚の男なんですよねぇ、こう見えて。

 ということで、とりとめもないことをオチもなく、ダラダラと書いたところで、そろそろ本題へ。今日も栗東からのナマ情報をお伝えしましょう。

 音無厩舎に行くと、クリソベリル担当の浜田助手とバッタリ。その浜田助手、今は2頭の2歳馬を担当しているんです。一頭が来週の新潟芝2000メートルでデビュー予定の【アメリカンピース(牡、父Tapit、母La Cloche)】で、この馬も順調に仕上がっています。とはいえ、「驚いたわ」と目を丸くして、教えてくれたのがもう一頭の【プロテアヴィーナス(牝、父ディープインパクト、母ドリーフォンテイン)】だったのです。「今日で一本目の時計やったのに…」という坂路の時計は51秒8―13秒2。2日前にゲート試験後の放牧から戻ったばかりで、非常に優秀です。

 こちらは9月12日、中京の芝マイル(牝馬限定)を松若Jで予定しています。今日も松若Jが騎乗していたんですが、感触が非常にいい。「ゲート試験の時もメッチャ速かったし、先生(音無調教師)からも『走るぞ』と聞いていたんですが、今日でも持ったままで余裕がありましたからね。全く無理はしていません。いいですね。もっと時計も出ると思うし、楽しみです」と声を弾ませていました。ちなみに、お母さんは豪州スプリントG1の勝ち馬。筋も通っています。今後に注目といったところでしょうか。

 矢作厩舎では先週の更新で「そろい踏み」というタイトルの記事を書いたんですが、ロジャーバローズの全妹【ブラックジュエリー(牝、父ディープインパクト、母リトルブック)】は昨日、栗東に入ってきたようですね。先週末に予定通り、入っている【クローヴィス(牡、父ハーツクライ、母リリサイド)】は明日、ゲート試験を受けるとのこと。また、矢作厩舎に関しては週末のどこかで。

 続いては池江厩舎。今週から小倉で3週連続、4頭の新馬がデビューします。今週の2頭は週末に触れるとして、来週29日の芝2000メートルに【トーセンアラン(牡、父キズナ、母アドマイヤキラメキ)】が川田Jで、来月6日の芝1800メートルに【エイスオーシャン(牡、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー)】が武豊Jでスタンバイしています。兄にアルバートドックなどを持つエイスは「ディープにしては大型馬の部類。今週は動けなかったので、来週はしっかりと追うつもりです」と池江調教師は話していました。

 そして、セレクトセールで注目度がグンと上がった【サトノスカイターフ(牡、父ディープインパクト、母シーヴ)】も栗東に戻ってきましたね。今日はCWコースで初めての追い切りを行いました。「前半は折り合ってましたが、馬体を並べると、反応がよすぎるところがありました。その辺をしっかりコントロールできれば。体は以前より若干、幅が出ています」と池江調教師は話します。この馬、厩舎での評判も高く、担当の中沢助手は「本当にバランスのいい馬ですね」と手応え。セレクト1歳セールで5・1億円まで跳ね上がった全弟に注目は集まりますが、この馬も資質は高そうです。で、注目のデビュー戦は9月13日の中京芝2000メートルをルメールJで予定しています。よくよく考えると、中沢助手はかつてサトノダイヤモンドの担当でもあった方。で、ルメールJ騎乗ですから、サトノの黄金ラインと言えるかもしれませんね。

 あと、阪神での新馬を勝った後、休養していた【ダノンシュネラ(牝、父ドゥラメンテ)】は野路菊Sで連勝を狙うことになりました。鞍上は引き続き、川田J。「放牧先でも順調です」と池江調教師は話していました。

 最後に本日の栗東には全兄にトーセンカンビーナを持つ藤原英厩舎の【エイカイロイヤル(牡、父ディープインパクト、母カンビーナ)】と、音無厩舎の【パフドラム(牡、父ロードカナロア、母ソングバード)】が入ってきています。今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請