藤井聡太棋聖のランチは「福岡産高菜ピラフ」 王位戦第4局はいよいよ終盤へ

藤井棋聖が注文した「福岡産高菜ピラフ(スープ・サラダつき)」とウーロン茶(日本将棋連盟提供)
藤井棋聖が注文した「福岡産高菜ピラフ(スープ・サラダつき)」とウーロン茶(日本将棋連盟提供)
木村王位が注文した「糸島ポークカツカレー(サラダつき・ライス少なめ)」(日本将棋連盟提供)
木村王位が注文した「糸島ポークカツカレー(サラダつき・ライス少なめ)」(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負第4局の対局2日目が20日、福岡市の大濠公園能楽堂で行われている。開幕3連勝の藤井棋聖が史上最年少2冠と史上最年少八段に王手を掛けている一局。午後零時半に昼食休憩を迎え、同1時半から再開されると、いよいよ終盤戦を迎える。

 昼食の注文は、木村王位が「糸島ポークカツカレー(サラダつき)」のライス少なめ、藤井棋聖は「福岡産高菜ピラフ(スープ、サラダつき)」にウーロン茶。いずれもご当地メニューをオーダーした。

藤井棋聖が注文した「福岡産高菜ピラフ(スープ・サラダつき)」とウーロン茶(日本将棋連盟提供)
木村王位が注文した「糸島ポークカツカレー(サラダつき・ライス少なめ)」(日本将棋連盟提供)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請