史上最年少2冠・八段に王手の藤井聡太棋聖 開封された封じ手は超常識外の一手 王位戦第4局

△8七同飛成を指す藤井聡太棋聖(右)(日本将棋連盟提供)
△8七同飛成を指す藤井聡太棋聖(右)(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負第4局が20日午前9時、福岡市の大濠公園能楽堂で再開された。開幕3連勝の藤井棋聖が史上最年少2冠と史上最年少八段に王手を掛けている一局。前日から注目を集めていた藤井棋聖の封じ手は「△8七同飛成」。人間の常識的感覚ではリスクが高すぎるものの、AIが最善と示していた一手と一致した。

 18歳1か月の藤井棋聖は王位獲得となれば、1992年度に棋王、王座を獲得した羽生善治九段(49)の21歳11か月の最年少2冠記録を28年ぶりに更新する。また、タイトル2期獲得の規定により八段に昇段し、58年に加藤一二三九段(80)=引退=が樹立した18歳3か月の最年少八段記録を62年ぶりに塗り替える。

 前日、藤井棋聖は自らの手番で封じ手時刻を迎えてから異例の20分に及ぶ考慮に沈んだ。飛車を逃がす「△2六飛」が必然の一手と見られていたが、AIは一気に飛車を捨てて相手陣に踏み込む「△8七同飛成」を最善手と判断しており、藤井棋聖の決断が注目されていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請