【C大阪】川崎に5失点…ロティーナ監督、相手は「交代選手でクオリティーが上がった」

スポーツ報知
後半30分、C大阪4失点目のゴールを決めた川崎・三笘薫

◆明治安田生命J1リーグ第11節 川崎5―2C大阪(19日・等々力陸上競技場)

 C大阪は今季初めて逆転負けを食らった。前半7分にFWブルーノメンデスの公式戦3戦連続得点で先制するなど序盤は優位に試合を進めたが、守備陣が崩壊し、今季最多の5失点。ロティーナ監督(63)は「彼らは素晴らしい攻撃を持っていた。交代選手でクオリティーが上がった」と脱帽した。

 後半13分に今季初得点を挙げた瀬古は「ここ、というスイッチの入れ方が非常にうまい。他のチームと違うと思った」と素直に相手をたたえた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請