兵動大樹、YouTubeチャンネル「兵動大樹のシネマな話」でツッコミどころ満載の映画紹介

映画の魅力を独自の視点でユニークに語る兵動大樹
映画の魅力を独自の視点でユニークに語る兵動大樹

 漫才コンビ「矢野・兵動」の兵動大樹(50)が、毎週土曜日更新のYouTubeチャンネル「兵動大樹のシネマな話」で、新旧織り交ぜた映画を紹介している。「めちゃくちゃ詳しくもないけど、面白かったな、気になったな、このシーンいる? という見方ですね」と、独特の視点で作品への思いをユニークに語っている。

 仕事で時間が合わないため、自宅にホームシアターを設置するほどの映画好き。「趣味があまりないので、唯一のぜいたくとしてそれで見てます」と充実した時間を過ごしていが、名作を見るにつれ、映画館で見たかったという思いも増すそうだ。「このチャンネルを始める時に『ランボー』を全部見直したんです。迫力はあるんですけど、映画館で見たかったなって。映画館での鑑賞はその時期しかできない。だから、作品には映画館で出会ってほしいと強く感じています」。ホットドック、ポップコーン、ドリンクを買って見るという、非日常空間ならではの楽しみ方を勧めた。

 一方で、自身の配信は気軽に見てほしいという。「お酒飲みつつ、文句言いながら。『そうちゃうやろ、それほんま?』って。名作を紹介している時は『どこの場面やねん、それ』って巻き戻しながら見て、答え合わせしつつ、ブツブツ言いながら見てもらえたらうれしいですね。その結果『もうええわ、映画館いくわ』ってなってくれたら最高!」。あくまでも大スクリーンへの入り口としての番組を強調した。

 名作から新作まで、ジャンルを問わず幅広く紹介。「1980年代の名作はいい空気感、間抜け感が古いおもちゃを見ているみたいで面白い。当時はがむしゃらに見てたわけですから。40年もたてば映画の演出も変わって、この場面いる?ってなるし。なので、ぜひ配信を1回、気になる回からでいいです。それを見てもらって、映画館で正解を確認してください」。爆笑必死。ツッコミどころ満載の配信をぜひチェックしてほしい。(尚)

 ◆兵動 大樹(ひょうどう・だいき)1970年7月24日生まれ。50歳。大阪府出身。90年にNSC大阪校9期生の同期・矢野勝也(50)と「矢野・兵動」結成。ボケ担当。09年に「上方漫才大賞」の大賞を受賞。舞台「はい!丸尾不動産です。」で、落語家の桂吉弥(49)とのシチュエーションコメディーが好評。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請