大阪東、強豪に逆転で5回コールド勝ち!関克実代表に初タイトルをプレゼント!!…第51回大阪北大会

2回に喜びながら生還する大阪東・吉田(中)。この後、打線が爆発した
2回に喜びながら生還する大阪東・吉田(中)。この後、打線が爆発した
ナインからウィニングボールを渡され喜ぶ関代表(中央左)
ナインからウィニングボールを渡され喜ぶ関代表(中央左)

◆第51回大阪北大会 ◇中学生の部▽決勝 大阪東ボーイズ11―3枚方ボーイズ=5回コールド=(15日・寝屋川公園第一野球場)

 「第51回大阪北大会」の決勝が15日行われ、大阪東ボーイズが枚方ボーイズ(ともに大阪北支部)を破り優勝した。1点を追う2回に4番・廣瀬の適時打などで4点を奪い逆転すると、その後も打線がつながり5回コールド勝ち。昨年5月に就任した関克実代表に初タイトルをプレゼントした。

 大阪東ナインは燃えていた。最高気温36度の猛暑のなかで行われた強豪・枚方との決勝。初回に2点を先制したが、その裏、逆転を許してしまった。そうして迎えた2回。1死満塁で打席には廣瀬が立った。「これまで頑張ってきたエースを優勝させるため、食らいついた」。気合満々の4番打者の打球は右前へのタイムリー。右翼手がファンブルする間に、一気に3者がかえり、試合をひっくり返した。

 その後も阿佐の右前適時打で1点を追加。4回には1死二塁から廣瀬が左越えへ2ランを放つと、5回には平太の適時二塁打などで3点を追加し、試合を決めた。準決勝で左足をつりながらも出場を続け活躍した9番打者も「気持ちで打った。足は痛かったが、みんなの笑顔が見られてよかった」と胸を張った。

 エース田頭も燃えていた。前日にまさかのスパイクを忘れるミス。奥城監督からベンチ入りメンバーから外されるなど、おきゅうを据えられた。「みんなに迷惑をかけた。そのぶんプレーで返そうと思った」。左腕は3回から登板すると、魂のこもった投球で3イニングを無安打無失点に抑え、5回コールド勝ちに導いた。

 大会前から「代表に初優勝を」の合言葉でひとつになったナイン。試合後、真っ先に関代表を胴上げして祝った。赤埴主将も「胴上げできて、最高の気分です!」と完全燃焼した様子だった。

2回に喜びながら生還する大阪東・吉田(中)。この後、打線が爆発した
ナインからウィニングボールを渡され喜ぶ関代表(中央左)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請