【DeNA】ソト、ロペス外れた日本人打線で臨むも2カード連続負け越し 先発・平良4回途中6失点

平良拳太郎
平良拳太郎

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA4―7ヤクルト(16日・横浜)

 DeNAは先発の平良が4回途中今季ワーストの6失点KOで3敗目。開幕から続けていたクオリティースタート(6回以上自責3以内)も9戦目にして初めて達成できなかった。

 ソト、ロペスをスタメンから欠いた打線は1週間前に黒星をつけていた山中から5回で、押し出し、内野ゴロの間に2点に抑えられた。7回に代打・大和の犠飛、8回に佐野が9号ソロも及ばなかった。左足かかとの打撲から5戦ぶりに復帰した梶谷は1安打2四球と存在感を見せた。

 前夜15日には小川にノーヒットノーランを喫し連敗。これで阪神戦から2カード連続負け越しだ。2位はキープしているが、この日エースの今永が抹消、試合前まで防御率1位だった平良が乱調と、巨人追撃へ不安が残る内容となった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請