【巨人】石川慎吾の“誤送球”に原監督が苦言「基本中の基本。焼きゴテつけてやっとけ」

石川慎吾
石川慎吾

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人1―4中日(16日・東京D)

 巨人・石川慎吾外野手(27)の送球に、原監督が苦言を呈した。

 問題の場面は、1―1の5回無死一塁。阿部が放った右前への打球を処理した石川は、一塁走者・高橋の三進を阻止しようと三塁へ大遠投した。これが間に合わずにセーフとなり、打者走者の二進も許して無死二、三塁と傷口を広げる結果に。ここから一気に3点を奪われ、試合を決められた。

 故障離脱したパーラに代わって「2番・右翼」に抜てきされた石川だったが、原監督は「自分が一人で『いける』(アウトにできる)と思っても、カットマンにボールだ、と。これはもう、『焼きゴテつけてやっとけ』というふうに言ったんだけどね、慎吾には。外野手の基本中の基本」と話した。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請