【日本ハム】清宮幸太郎、10戦ぶり打点で栗山監督600勝に華「これからも打ち続けていきたい」

◆パ・リーグ 日本ハム9―0ロッテ(15日・ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)が、出場10試合ぶりとなる打点を挙げ、チームの勝利に貢献した。

 4点リードの8回2死三塁で、東妻の146キロ直球を捉えて右翼線への適時二塁打。「自分のスイングを心がけて打席に入った結果、良い形で追加点となる5点目の適時打が打ててよかったです」とコメントした。

 この日、チームは投打がかみ合って今季初の無失点勝利。栗山監督の通算600勝も達成した。清宮は「今日は(勝利に)貢献できましたが、まだ全然なので。もっと監督にいい思いをさせてあげられるように、これからも打ち続けていきたいです」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請