渡辺明新名人「もうそんなにチャンスは多くないので、今回なんとかしたいと」悲願成就の会見全文

悲願のタイトル奪取となった渡辺明新名人
悲願のタイトル奪取となった渡辺明新名人

 将棋の第78期名人戦7番勝負第6局が15日、大阪市福島区の関西将棋会館で14日に続き指し継がれ、先手の挑戦者・渡辺明2冠(36)=棋王、王将=が99手で豊島将之名人(30)=竜王=に勝ち、対戦成績4勝2敗とし、初挑戦で名人を奪取した。

 以下、会見の質疑応答。

 ―名人を獲得しました。

 「まだちょっと実感はないです。何日か経ってから実感が出てくるのかなと思います」

 ―名人位とはどんな存在か。

 「名人戦はずっと出てみたいタイトル戦ではありましたけど、なかなかチャンスがなくて、近年はちょっと縁がないかなと思っていたところもあったので、あと1勝というところまで来てもあんまりそういう(自分が名人になるという)イメージはなかったというところはありますね。今もそうですけど」

 ―今、これまでとは異なる感情も…。

 「これから新聞を見たり、お祝いの言葉をかけてもらったりして少しずつ実感してくると思いますけど、(今はまだ)ピンとこないところはありますね」

 ―意味合いの違うタイトルに。

 「今回が初出場ということで、他のタイトル戦と比べると出るのが遅くなったところがあって。A級(名人挑戦権を懸ける10人が在籍する)には20代半ばくらいで上がったんですけど、それから10年、出られなかったので。ダメかなと思っていたところはあったので、名人というタイトルを意識する機会はなかったですね」

 ―年下の名人からの奪取に。

 「先輩、後輩ということは意識してなかったんですけど、名人戦に初めて出て、(年齢的に)あと何回出られるかな、そんなにチャンス多くないだろうと。取れるなら、今回なんとかしたいという思いはありましたね」

 ―豊島前名人の印象は。

 「ここ1、2年はタイトル戦や挑決(挑戦者決定戦)とかいろんなところで当たってるのでお互いに手の内は分かっていたのですが、2日制で序盤からプレッシャーを掛けられる展開が多かったし、作戦の準備が必要な相手なので、大変な印象でした」

 ―初タイトルは20歳。あれから時代は変わった。

 「20代は次(のチャンス)があるかなと考えていましたけど、今は、次があるとは考えないようになりました。タイトル戦に出られる棋士のキャリアとしては後半戦に来ているので、いつまでやれるのかということも含めて、チャンスがどれくらいあるのか、ということは考えるようになりました」

 ―厳しい日程が続いた。

 「キツい部分はあったんですけど、それはみんな同じ条件というところはありますから。活躍している人はみんな大変な日程でやっています。体調面と研究のバランスが大変だったなとは思いますけど、こういった状況でタイトル戦をやることはこれから先、何度もあることではないので。日程面は仕方がないかなと思ってやってました」

 ―棋聖戦では藤井聡太棋聖にタイトルを奪われた。どう立て直したか。

 「立て直しというか、6月に棋聖戦と名人戦が始まって、2つが並行して続いたので、2つ終わって一区切りと考えていました。棋聖戦に負けて落ち込む、ということはなかったです。すぐに名人戦があったので、立て直しという意識はなかったですね。両方負けたら立て直しという意識もあったかもしれないですけど。6月に対局が再開して以降バタバタとしていて、一区切りできる場面はなかったので、振り返りはこれからしたいかなと思っています」

 ―今シリーズを振り返って。

 「スコア的にも内容的にもシーソーゲームが続いていましたけど、先週(第5局)勝つことができたので今日に良い流れで来ることが出来ました」

 ―来期は順位戦のない未経験のシーズンになる。

 「タイトル戦の結果いかんで9月以降の過ごし方は変わると思っていましたけど、今回は遅れて始まったので、来年(防衛戦)もすぐに来てしまうところはありますね。6月からタイトル戦が続いてきたので、次のことはあんまり考えたくないです(笑)」

 ―若手も台頭している。

 「何歳くらいまでタイトル戦に出られるかは意識します。年々厳しくなるとは思いますし、タイトル戦に出る機会が続くわけではないと思っていますので、目の前の相手に向かうので精一杯です。でも、長期的なものとしては、40歳の時にどれだけ持ちこたえられるかということは考えています」

 ―3勝で王手を懸けた時に「(第6局は)どういう気持ちになるか分からない」と。どんな気持ちで戦ったのか。

 「時間があったら余計なこともいろいろ考えたのかもしれないですけど、時間がなくて余計なことを考えなかったということはあったかもしれません。でも、やはり普段通りではなくて、1手1手の重みは考えました。『力み』みたいなものは当然あったと思います」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請