【西武】メヒアのカード5発目6号2ランなどで3点を先取

1回2死二塁、左中間に2ラン本塁打を放ったメヒア
1回2死二塁、左中間に2ラン本塁打を放ったメヒア

◆西武―楽天(15日・メットライフドーム)

 前日、打撃戦を制して連敗を7で止めた西武が、初回2死からクリーンアップの連打で3点を先取した。

 楽天の先発・塩見に1、2番が簡単に打ち取られたが、3番・外崎修汰内野手(27)が左前打を放つと、4番・山川穂高内野手(27)が左中間をライナーで破る先制適時二塁打。さらに5番のエルネスト・メヒア外野手(34)が左中間へ6号2ラン。楽天との6連戦が始まった11日から、5試合で5発目と絶好調の助っ人は「打ったのはストレート。早い回に点が取れて、(先発の)松本が少しでも楽に投げられるように援護できてよかったよ」と笑顔をみせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請