【DeNA】大貫晋一「調子よかった」6回途中1失点。5勝目の権利持ち降板

DeNA先発の大貫晋一
DeNA先発の大貫晋一

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA―ヤクルト(14日・横浜)

 DeNAの大貫晋一投手(26)が6回途中3安打1失点で降板。自身5連勝で5勝目の権利を持ちながら、中継ぎ陣にマウンドを譲った。

 2回1死満塁では古賀を三ゴロ併殺に斬りピンチを脱した。しかし、苦手とする村上に4回、右翼席へ特大のソロを許し1点差とされた。6回2死から青木に右前安打を許し、苦手の村上を迎えたところで交代を命じられた。

 終始、安定感を見せた大貫だが「ブルペンから調子は良かったです。イニングの先頭を意識して試合に入り、その意味ではしっかり抑えられ良い投球はできたと思います。ただし、間合いが悪いところもあり、攻撃のリズムにつなげられなかったのは反省点です」と、反省も忘れなかった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請