【広島】鈴木誠也らの適時打で藤浪から初回3得点 2試合連続1得点の打線が復活

初回、松山の適時打で加点し沸き立つ広島ベンチ
初回、松山の適時打で加点し沸き立つ広島ベンチ

◆JERAセ・リーグ 阪神―広島(14日・京セラD)

 広島打線が初回から阪神の先発・藤浪に襲いかかった。西川、羽月の1、2番コンビがいきなり連続ヒットを放つと、1死一、三塁から4番の鈴木が左前適時打。「良い先取点になって良かったです」と振り返った。

 なおも1死一、二塁で松山が外角低めの155キロを左中間にはじき返した。会心の2点二塁打に「うまく対応することができました。初回から良い援護点になって良かった」とドラフト1位右腕の森下を思い、満足げだった。

 チームは11、12日の中日戦(マツダ)で2試合連続の1得点に終わっていたが、この日は早々と打線のエンジンがかかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請