68で3打差5位発進の18歳・西郷真央 背中は万全ではないが「できるだけ上に行きたい」

西郷真央
西郷真央

◆女子プロゴルフツアー NEC軽井沢72 第1日(14日、長野・軽井沢72G北C=6710ヤード、パー72)

 プロデビュー戦となった開幕戦のアース・モンダミンカップで5位に入った西郷真央(18)=大東建託=が5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーで首位と3打差の5位と好発進した。リモート会見では「パッティングが良くてスコアをまとめられた。後半で伸ばせたので、良い流れでプレーできた」と振り返った。

 7月に背中の肉離れを発症し、本調子ではなく、「本当はもう少しキレを出して振りたいけど、無理に振っても背中が悪化してしまう。今日くらい軽く振っている感じでも、芯で捉えれば飛距離も出てくれる。前半はあまりフェアウェーに行かなかったけど、後半はほとんど捉えられた」とうなずいた。尾崎将司を師匠に持つルーキーは「得意のアイアンショットの精度を生かしたゴルフで、できるだけ上に行けたらいい」と見据えた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請