“市民マラソンの草分け”来年2月の青梅マラソン記念大会は1年延期…代替イベントを検討

昨年の青梅マラソン。30キロの部で一斉にスタートするランナー
昨年の青梅マラソン。30キロの部で一斉にスタートするランナー

 青梅マラソン大会の主催者は14日、2021年2月21日に予定していた「第55回記念青梅マラソン」(報知新聞社ほか主催)の開催を見送り、次年度に延期することを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く現状を踏まえ、これまで大会開催に向けて慎重に検討を続けてきたが、30キロ、10キロの2種目で参加者数が約2万人となる大規模レースの安全な運営は困難と判断した。

 大会主催者は今後、代替イベントの開催に向けて検討を続け、後日、詳細を発表する予定にしている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請