レイズ・筒香嘉智が2安打2打点で大勝での6連勝に貢献! 6打席目は野手と対戦で右飛

レイズ・筒香嘉智外野手(ロイター)
レイズ・筒香嘉智外野手(ロイター)

◆メジャーリーグ レッドソックス8―17レイズ(13日、ボストン・フェンウェイパーク)

 レイズ・筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日)、敵地・Rソックス戦に「8番・左翼」でフル出場し、5打数2安打2打点の活躍で大勝に貢献。チームは6連勝になった。

 序盤から点の取り合いとなった一戦。5―3と2点リードの3回無死一、三塁で迎えた2打席目には、ドローンが飛んで試合が中断するハプニングがありながらしっかり右前適時打を放って2試合連続の打点をマーク。5点リード4回1死二、三塁の3打席目では右犠飛を放ち、6回無死一塁の4打席目には、中前安打も放った。マルチ安打は7月28日(同29日)の本拠地・ブレーブス戦以来、約2週間ぶり。前日に開幕戦以来53打席ぶりに2号本塁打を放った勢いそのままに、快音を響かせた。

 17―5と大量リードの9回2死一、三塁の6打席目にはキャッチャーのプラウェッキがマウンドに上がって対戦。フルカウントから、77・6マイル(約124・9キロ)をはじき返したが右飛に倒れた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請