【巨人】原監督、初サヨナラは「非常に大きな1勝です」

9回2死一、三塁、中前にサヨナラ適時打を放った代打・亀井善行。ナインや原辰徳監督がベンチから飛び出す
9回2死一、三塁、中前にサヨナラ適時打を放った代打・亀井善行。ナインや原辰徳監督がベンチから飛び出す

◆JERAセ・リーグ 巨人4x―3ヤクルト(13日・東京ドーム)

 ◆原監督に聞く

 ―メルセデスが6回3失点の粘投。

 「(3失点した)初回こそ、どうなるかと思いましたけど。先発ピッチャーはこの時期、最低6回は投げてほしい。6回まで投げきったわけですから良かったと思います。リリーフ陣も、いい呼吸の中でマウンドに上がれる状況になりますね」

 ―パーラが6回無死一塁の守備から交代。

 「少し足をかばっているように見えました。本人は満身創痍(そうい)でやるというところですけれども、あそこは他の選手を出すことの方が、守備も含めて最善の策であろうというところ」

 ―亀井がひと振りで決めた。

 「集中力の中で初球に仕留めたのは見事ですね」

 ―今季初のサヨナラ勝ち。

 「非常に大きな1勝です」

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請