林遣都&中川大志「ワンチーム」21年公開映画「犬部!」で“犬バカぶり”発揮する獣医学部の学生熱演

「犬部」を設立した犬バカの獣医学部学生役の林遣都
「犬部」を設立した犬バカの獣医学部学生役の林遣都

 俳優の林遣都(29)が映画「犬部!」(来年公開、篠原哲雄監督)に主演し、「犬のためなら死ねる」と言うほど“犬バカぶり”を発揮する獣医学部の学生役を演じることが13日、分かった。片野ゆか氏の「北里大学獣医学部 犬部!」が原案。

  • 負けず劣らずの犬バカぶりを発揮する「犬部」メンバー役の中川大志
  • 負けず劣らずの犬バカぶりを発揮する「犬部」メンバー役の中川大志

 北里大学十和田キャンパスに実在した動物愛護サークル「犬部」を設立した学生が仲間たちと動物を守ろうと奮闘した過去、獣医師になって新たな問題に立ち向かう現代という2つの時代構成で描く。動物を愛する人間たちの熱い思いに、焦点を当てる。

  • 林と劇中でバディーになる犬「ちえ」
  • 林と劇中でバディーになる犬「ちえ」

 林は獣医学部の学生・花井役。子供の頃から動物愛護がライフワークで、一人暮らしのアパートは保護動物でいっぱい。周りから変人扱いや偽善者呼ばわりされるが、目の前の命を救おうと保護活動を続ける。

  • 中川とバディーの犬「きぃ」
  • 中川とバディーの犬「きぃ」

 林は「自らを犠牲にし、動物に幸せな日々が訪れるよう願い闘い続けてきた方々の雄姿、あふれんばかりの愛が詰まった作品。撮影時、何度か命をつなぐ尊い現場に立ち会わせていただきました。小さな命を前に懸命に向き合う獣医師の先生方に心打たれ、胸が熱くなった」と回想。「動物を愛し、救おうとしている方がたくさんいる。1人でも多くの人に届けることが自分の役目」と意気込んだ。

 中川大志(22)が、林に負けず劣らずの“犬バカぶり”を発揮する同級生・柴崎を演じる。実生活でも愛犬のフレンチブルドッグ(雌)を溺愛し、思い入れも強い。「人間と動物との歴史、目を背けてはいけない現実、奥底にしまっていた感情、いろいろなものと向き合いました。役者として、動物が大好きな一人の人間としてこの作品を届けたい。逃げずに、大切に、最後までこの役を生きたいと思う」と誓った。

「犬部」を設立した犬バカの獣医学部学生役の林遣都
負けず劣らずの犬バカぶりを発揮する「犬部」メンバー役の中川大志
林と劇中でバディーになる犬「ちえ」
中川とバディーの犬「きぃ」
すべての写真を見る 4枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請