【楽天】13安打7得点&中継ぎ陣の好救援で3連勝

最後を締めた牧田和久(左は太田光)(カメラ・清水 武)
最後を締めた牧田和久(左は太田光)(カメラ・清水 武)

◆パ・リーグ 西武4―7楽天(13日・メットライフドーム)

 楽天が3連勝を飾った。打線が3回までに4得点を奪い試合を優位に進めると、5回には茂木が適時打、7回には先頭打者の小深田の安打から2死三塁とすると相手の暴投で本塁へ生還。さらにロメロにも適時二塁打が生まれるなど先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点を奪った。

 投手陣は先発・松井が3回3失点で降板となったが、1点リードの4回から登板した2番手の酒居が2回完全投球で流れを引き寄せると、3番手・安楽も3者凡退、4番手・宋は1失点も、5番手・シャギワが無失点、最後は牧田が試合を締めた。

 ソフトバンクと同率首位を守った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請