【西武】サブマリン与座海人がプロ最短3回途中KO「力不足です」

3回途中、降板する与座海人(左)
3回途中、降板する与座海人(左)

◆パ・リーグ 西武―楽天(13日、メットライフドーム)

 先発した西武・与座海人投手(24)が、プロ最短KOとなる3回途中6安打4失点で降板した。

 初回に味方の守備のミスもあって先取点を献上。2回は無失点で切り抜けたが、同点の3回に、先頭・辰己に5号ソロを被弾するなど勝ち越しを許した。チームは6連敗中だが、試合を作ることが出来ず「力不足です。ゾーンで勝負していくなかであれだけ弾き返されてしまうのは、力のなさだと思います。連敗が自分から始まったので、どうにか今日は止めたいと思ってマウンドに上がりましたが、チームに申し訳ないです」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請