【西武】防御率0・51のギャレットが離れて暮らす家族へ大量の西武グッズ購入「いつか子どもをここで遊ばせたい」

ニール(右)とテイキョウキッズフィールドの完成予想図を持つギャレット(2020年8月13日撮影、カメラ・西武提供)
ニール(右)とテイキョウキッズフィールドの完成予想図を持つギャレット(2020年8月13日撮影、カメラ・西武提供)

 来日1年目で、西武ファンに大きな印象を与えているリード・ギャレット投手(27)は、このコロナ禍の状況で、今年1月に誕生した長男とも会えない日々が続いている。愛妻や長男にプレゼントを贈るため、この楽天との連戦中にニールとともに昨年7月に完成したグッズショップ「ライオンズ チームストア フラッグス」に出かけた。

 カゴいっぱいにレオ人形をはじめ大量のライオンズグッズを詰め込んだ右腕は、満足そうな表情。フラッグスに行く途中で目を輝かせたのが、来年3月にオープンする「テイキョウキッズフィールド」の建設地になる場所だった。

 「おお、これはいいね」と完成予想図を見て笑顔。「今まで、ボールパークといわれるアメリカの球場でプレーしたけど、メットライフドームは素晴らしいと思うんだ。新しいカフェに大きなスクリーン。三塁側が大きく変わっていっているよね」とドームエリアを見渡すと「(来年3月に完成する)テイキョウキッズフィールドはいいと思う。やっぱり試合前は野球以外で遊べる場所がスタジアムの中にあるということは素晴らしいことだと思うんだ」と続けた。

 1月下旬に誕生した長男は、ギャレットが日本で腕を振り続ける中で、順調に成長しているという。「時差があるからね。僕が寝るときは息子が起きるとき。息子が寝るときは僕が起きるとき。そのタイミングでフェイスタイムをするんだよ。あとは奥さんが写真を送ってくれるんだ。そしてついに座れるようになったんだ。もう少しで立てると思う」と愛息に話が及ぶと止まらなかった。

 11日には、一足先に獅子ビル内に「テイキョウキッズルーム」が誕生。子どもたちに大人気のエアー遊具「サイバーホイール」が設置されるなど楽しみ満載で、おむつ替えスペースや授乳室は無料で利用できるなど、小さな子ども連れにもうれしい施設だ。「いつか子どもをここで遊ばせたいよ」とテイキョウキッズルームの完成と家族の来日をギャレットは待ちわびていた。

 そんな青写真を描きながら、家族のために、チームのために黙々と腕を振る。今季はここまで救援陣の柱として18試合に登板し、2勝0敗11ホールド、防御率0・51という圧巻の数字を残している。離れて暮らすまな息子のため―。今後も鉄壁助っ人右腕から目が離せない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請