【西武】14日先発のニールが本拠地の猛暑を大歓迎「この暑さというのを逆に自分たちのアドバンテージ」

笑顔のニール(右は与座海人)
笑顔のニール(右は与座海人)

◆パ・リーグ 西武―楽天(13日、メットライフドーム)

 14日の楽天戦(メットライフ)で先発する西武のZ・ニール投手(31)が13日、キャッチボールやランニングを行って最終調整した。

 昨季から球団外国人タイの13連勝をマークしたが、7月31日のソフトバンク戦(ペイペイD)で22試合ぶりの黒星を喫すると、7日の日本ハム(札幌D)でも6回3失点で2連敗。今季はここまで8登板で2勝2敗、防御率4・47と勢いに乗れていないが、「コンディションとしてはいい状態を保っています」と自信をのぞかせた。

 日本各地では連日の猛暑が続いている。西武は7月28日以降ペイペイD、札幌Dとドーム球場での試合が続いていたが、11日からの楽天6連戦ではメットライフドームに場所を移した。ドーム球場とはいえ密閉されておらず、外気が入るため夏の暑さは12球団の本拠地でも指折り。扇風機が置かれるなど対策も取られているが、ニールは「自分たちホームの球場でもあるので、この暑さというのを逆に自分たちのアドバンテージ、有利な部分に変えて相手に臨んでいければいいかなと思います」と気合を入れた。

 ニールは昨季、6月20日の中日戦からシーズン終了まで11連勝でシーズンを終えた。チームは12日まで6連敗中だが、夏場に強い助っ人は「去年もオールスターが明けてから、チームの状態も一気に上がってきて優勝も出来た。2018、19年と2連覇している。それを忘れないように、その気持ちを持って試合に臨めば、そんなにチーム状況は良くないかもしれないけど、これからまたどんどん上がってこれるのかなとは思います」と不敵に笑っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請