【ソフトバンク】デスパイネとグラシアル、14日2軍で今季初実戦…工藤監督明かす

グラシアル(左)とデスパイネ
グラシアル(左)とデスパイネ

 ソフトバンクの工藤公康監督(57)が13日、アルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)が14日のウエスタン・リーグ、広島戦(タマ筑後)で今季実戦初出場することを明かした。

 2人は米国で開催予定だった東京五輪の予選に出場するため、3月に離日。予選は中止になったが、リハビリのためキューバに帰国。その後、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で、7月19日まで再来日が遅れた。今月4日に自宅待機が解かれ、5日から練習を再開した。

 「試合に出てから状態を確認する。本人たちが『1軍でできるよ』となれば、コーチと話し合ってどうするかを決めたい。せかすつもりはない」と指揮官。1軍復帰の時期などは明言しなかったが、徐々に近づいてきている模様だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請