安藤優子氏、「感染防止徹底宣言ステッカー」貼ったパブでのクラスター発生を批判の小池百合子知事に「今さらそんなことを言われても…」

安藤優子氏
安藤優子氏

 13日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、東京都が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として進めている「感染防止徹底宣言ステッカー」を貼ったパブでクラスター(集団感染)が発生した一件を取り上げた。

 安藤優子キャスター(61)は「このステッカーの信頼性というのは…。本当に自己申告で自分たちで取得することができるわけですよね?」と疑問を呈した上で、「ちゃんとやっているお店とそうでないお店って、両方あると思うので、これ1枚貼ってあることで100%の信頼を置いていいのかってのは、私はずっと思ってました」と続けた。

 コメンテーターで出演の昭和大医学部の二木芳人客員教授も「自己申告なので性善説で信頼してということになるんでしょうが、以前から(客側が)自分自身で目で見て『ちょっとダメだな』と思ったら、これが貼ってあっても、その場で注文もしないで帰る勇気も必要と思います」とした。

 コメンテーターで出演の落語家・ヨネスケ(72)は「私は、これが貼ってあるから、貼ってある店ならいいかなと思って信頼して行ってしまってました」と話した。これに対し、安藤氏は「知事はだって、ステッカーのあるお店に行って下さいと言ってましたよね。そうしたら、やっぱり、そうなりますよね」と、小池知事の姿勢についてもコメント。

 今回のクラスター発生店について「中には(対策を)実践もせず(ステッカーを)貼り付けておけばいいやみたいな業者もいる」と批判した小池知事の発言に「今さら、そんなことを言われてもっていうのが、私たちの立場です」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請