【巨人】桜井俊貴、2軍の中大戦で4回5失点 ドラフト候補の牧秀悟らに3被弾「情けない気持ちです」

4回1死、中大・牧(後方)に右越えソロを打たれ、肩を落とす桜井俊貴
4回1死、中大・牧(後方)に右越えソロを打たれ、肩を落とす桜井俊貴

◆プロ・アマ交流戦 巨人2軍―中大(13日・G球場)

 巨人の桜井俊貴投手(26)が13日、2軍のプロ・アマ交流戦、阿部慎之助2軍監督の母校・中大戦に先発した。

 2回に先頭の内山京祐(習志野)に先制ソロを浴びた。5―1と4点リードの4回、1死から「4番・二塁」の今秋ドラフト上位候補、牧秀悟(松本第一)に逆方向の右越えソロを浴び、さらに連打で一、三塁となってから、7番の倉石匠己(東海大市原望洋)に右中間へ同点3ランを浴びて4回6安打5失点で降板した。

 今季は開幕ローテ入りして1軍で6試合2勝2敗、防御率4・81で、現在は2軍で再調整中。降板後「自分自身に腹立たしいですし、情けない気持ちです。より一層、気持ちを入れて練習に取り組んでいきます」とコメントした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請