保釈の周庭氏を支えた欅坂46の「不協和音」…「歌詞がずっと頭の中に浮かんでいました」

周庭氏(ロイター)
周庭氏(ロイター)

 香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で10日に逮捕された香港の民主活動家、周庭氏(23)が11日夜、保釈された。

 周氏は保釈後、警察署の外で記者団の取材に応じ、日本のメディアには日本語で対応。「これまで香港の社会運動に参加してきて4回逮捕されたが、最も怖かった」と語る一方で、拘束中は「(欅坂46の)『不協和音』という歌の歌詞がずっと頭の中に浮かんでいました」と明らかにした。

 ♪絶対沈黙しない 最後の最後まで抵抗し続ける―。同調圧力に屈せず、自らの信念を貫く姿を歌った同曲が、2014年の大規模デモ「雨傘運動」で注目を集め“民主の女神”と呼ばれる周氏の支えとなった。

 周氏が「不協和音」を拘置所内で思い浮かべたのはこれが初めてではない。Webマガジン「wedge infinity」のインタビューでは17年に30時間警察に拘束された際、拘置所内で同曲を歌っていたと語っている。昨年、自身のツイッターにも「『不協和音』を聴く時、なんとなく香港の状況を思い出しますね…」などと同曲に共感する書き込みをしていた。

 中学の頃から日本のアニメやアイドルに夢中となり、独学で日本語を習得。日本人向けのツイッターも開設し、47万人超のフォロワーを抱える。文章は全て日本語で記されている。日本でトークイベントへの参加や日本記者クラブでの会見も行い、日本語で応じていた。

 今回の逮捕後、日本人が周氏を解放してほしいという思いから「#FreeAgnes」(アグネスは周氏の英名)などのハッシュタグを作成したことを弁護士から聞いたといい、「いろんな愛、いろんな支持をいただきました。本当にありがとうございました」。日本からの支持に感謝の意を示した。

 今後の活動については、「これからは国際社会との連携に参加できないが、引き続き香港人の一人として、香港の民主化運動、民主主義、自由のために戦っていきたい」と明言。「不協和音」に力をもらい、これからも制約の範囲内で香港政府と戦う姿勢を見せた。

 ◆周 庭(しゅう・てい)1996年12月3日、香港生まれ。23歳。2012年、反国民教育運動に民主派学生運動組織「学民思潮」のメンバーとして参加。14年、香港特別行政区へのデモ活動「雨傘運動」に学民思潮のスポークスパーソンとして参加。16年、「香港衆志(デモシスト)」を創設、初代副事務局長に就任。19年、逃亡犯条例改正に反対する抗議活動で、デモ隊が警察本部を包囲したことに関与した疑いで逮捕され、今月5日に、有罪判決が言い渡されていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請