伊藤美誠「今できることをやり続ける」 宇宙から届けた五輪への決意

宇宙ステーションからメッセージを届けた伊藤美誠(公式サイトの配信より)
宇宙ステーションからメッセージを届けた伊藤美誠(公式サイトの配信より)

 卓球女子世界ランク2位で東京五輪代表の伊藤美誠(19)=スターツ=が12日、宇宙から五輪への決意のメッセージを届けた。

 地球の高度400キロを秒速8キロで周回する国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」内にスタジオを開設し、番組配信を行う「KIBO宇宙放送局」の開局特番に動画でゲスト出演。伊藤は「今私がやりたいことは、来年のオリンピックのために今できることをやり続けることです。来年、オリンピックを笑顔で迎えられるよう精いっぱい頑張っていきたいと思います」と笑顔で語った。

 主催者によると、夏の夜空の風物詩「ペルセウス座流星群」が見頃を迎えた日に合わせて開局し、宇宙と地球を双方向でつなぐライブ配信番組は世界で初めてだという。伊藤のメッセージ動画も宇宙飛行士が無重力空間で撮影する船内のスタジオに届けられ、地球を望む丸窓の隣のモニターに映し出された。日本卓球界初の金メダルが期待される来夏の五輪に向け、スケールの大きな決意表明となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請