レスリング協会で不適切会計の疑い 4月に告発文…JOCが調査求める

 日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬を巡って過去に不適切な会計処理を行った疑いが浮上し、日本オリンピック委員会(JOC)から調査の指示を受けたことが12日、分かった。4月に元コーチからJOCに告発文が届いた。

 2012年までに国からの補助金と競技団体負担金からなるコーチの報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征での会食代などに使用した可能性がある。同協会は「現在調査中です。今月中にJOCに報告書を提出予定」と説明した。

 当時複数の競技団体がコーチに報酬の一部を寄付させて負担分を穴埋めしていたとして、文部科学省と日本スポーツ振興センターから合計1億円を超す返還を命じられたが、同協会は不適切な流用について申告していなかったという。JOCは「(告発の)文書が届いたのは事実。調査中としか言えない」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請