マイク・タイソン氏の“復帰戦”が11月に延期 「多くの人に見てもらう機会を与えられる」

マイク・タイソン氏(ロイター)
マイク・タイソン氏(ロイター)

 プロボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏(54)と元世界4階級制覇のロイ・ジョーンズJr.氏(51)のエキシビションマッチが9月12日(日本時間13日)から11月28日(同29日)に延期された。日本時間12日までに複数の米メディアが報じたもので、同氏はTMZスポーツへの声明で「11月28日に変更されたことで、より多くの人にボクシング史上最大のカムバックを見る機会を与えられる。この一時的な不便は、ロイ・ジョーンズJr.氏がさらに調子を上げる期間となる。全力でいくよ」と述べている。

 2005年の試合を最後に引退したタイソン氏にとて、15年ぶりとなる“リング復帰”は、ロイ・ジョーンズJr.氏と米ロサンゼルス郊外のカーソンで8回戦のエキシビションマッチと発表されていた。復帰戦はロサンゼルス郊外カーソンで行われ、カリフォルニア州の規定でヘッドギアを着用。対戦の模様は米ソーシャルメディア「スリラー」が主催する有料放送で流され、一部米メディアでは独占放映権料に同社が5000万ドル(約53億円)を支払ったとも報じられた。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大となる中、4月末からSNSで練習動画を公開したタイソン氏。50歳過ぎとは思えない高速のミット打ちなどを披露し、ファンを驚かせるとともに元気づけてきた。

 現役時の通算成績はタイソン氏が50勝(44KO)6敗2無効試合、ロイ・ジョーンズJr.氏は66勝(47KO)9敗。

 ◆マイク・タイソン 1966年6月30日、米ニューヨーク市ブルックリン生まれ。54歳。85年3月デビュー、86年11月にWBC王座獲得。WBA、IBF王座も奪取し、統一王座9度防衛。2005年6月のマクブライド戦でTKO負けし引退。11年殿堂入り。身長178センチの右ファイター。

 ◆ロイ・ジョーンズJr. 1969年1月16日、米フロリダ州ペンサコーラ生まれ。51歳。ミドルからヘビー級まで中重量級で世界4階級を制した史上2人目のボクサー。88年ソウル五輪はライトミドル級で出場し、不可解な地元判定で銀メダルに。89年5月にプロデビューし、50歳目前の2018年2月まで戦った。身長180センチの右ボクサーファイター。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請