馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【サマーチャンピオン】サヴィが逃げ切りで重賞初V 和田「自分の形に持ち込めれば強い」

逃げ切ったサヴィは重賞初V
逃げ切ったサヴィは重賞初V

◆第20回サマーチャンピオン・交流G3(8月12日、佐賀競馬場・ダート1400メートル=重)

 11頭(JRA4、佐賀4、他地区3=ヒラソールは競走除外)によって争われ、4番人気のサヴィ(牡6歳、栗東・中内田充正厩舎、父ストリートセンス)が和田竜二騎手を背に逃げ切りで重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分26秒3。

 半馬身差の2着は、3番人気のメイショウテンスイ(酒井学騎手)。さらに1馬身離された3着には、1番人気のコパノキッキング(武豊騎手)が続いた。4着のヤマニンアンプリメ(川田将雅騎手)までJRAが上位を独占した。

 和田竜二騎手(サヴィ=1着)「返し馬から元気も良かったし、馬も落ち着きがありました。枠も良かったですし、先行したらしぶとい馬なのでスタートだけ気をつけようと思っていました。1200メートルを使っていた馬もいて、速くなるようだったら控えようとも思いましたが、わりと1角までゆっくり入れたのでそのまま逃げました。向正面で(流れが)速くなりましたが、気難しい馬でのみ込まれるとやる気をなくす面があるので、スピードに乗せてあげて、あとは何とかしのいでくれと馬頼みでした。前走の勝ち方も良かったし、馬が充実してきたんだと思います。自分の形に持ち込めれば強いし、体力や気力も備わってきているので、この勢いで秋も大きいところで頑張っていきたいですね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請