【東京六大学】慶大が155キロ右腕・木沢の8回途中16Kの力投で連勝発進

慶大・木沢尚文
慶大・木沢尚文

◆東京六大学野球春季リーグ戦第3日 ▽慶大6―4立大(12日・神宮)

 今秋ドラフト上位候補の慶大の155キロ右腕・木沢尚文(4年)が今季初先発し、8回途中まで投げて4安打4失点(自責2)ながら5連続を含む16三振を奪う力投を見せ、チームに開幕2連勝をもたらした。

 この日は最速152キロを計測した直球に、カットボールとスプリットを巧みに織り交ぜ立大打線を力で圧倒。初回に自身の暴投がらみで、4回にソロで失点したが、7回まで5者連続を含む15Kをマーク。3、5回は3者連続三振を、7回も四球を与えた後に3者連続三振を奪った。

 8回に先頭打者を振り逃げで塁に出し(記録は三振と捕逸)、続く打者を歩かせたところで降板したが「きょうは真っすぐがよかったので、真っすぐを意識させながら変化球を使えたところがよかったと思います。三振はそんなに意識してませんでしたが、ランナーが出てから三振が取れたのはよかったと思います」と振り返った。

 一方で「本当は最後まで投げて、他のピッチャー陣の負担を減らしたかったんですけど」。エースらしく、反省することも忘れていなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請