佐川遼「お客さんあってのボクシング。面白い試合を」“聖地”で再開後初の有観客試合

前日計量は王者・佐川遼(左)、挑戦者・竹本雄利ともにリミットでパス(三迫ジム提供)
前日計量は王者・佐川遼(左)、挑戦者・竹本雄利ともにリミットでパス(三迫ジム提供)

◆プロボクシング 日本フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ10回戦 王者・佐川遼―挑戦者・竹本雄利(13日、東京・後楽園ホール)

 日本フェザー級王者・佐川遼(26)=三迫=と挑戦者で日本同級9位・竹本雄利(24)=クラトキ=が12日、都内で前日計量や新型コロナウイルスのPCR検査などに臨んだ。計量は佐川、竹本ともにリミットで一発クリアした。

 計量後、リモート記者会見に応じた佐川は「コロナで試合の延期や対戦相手の変更などありましたが、早め早めに分かったし、練習も中断することなくできて、スタミナや技術力は上がったと思う。竹本選手は映像を見ましたが、左でも右でも倒すシーンがあり、連打とかでもダウンを取っていた。強いボクサーという印象」と2018年の全日本新人王を警戒した。だが、「ハマれば、自分のペースで試合を進められる」と自信も見せた。

 プロボクシングでは7月から興行が再開され、今月9日には立川市で首都圏では初の客入れ興行が行われた。13日は“聖地”東京・後楽園ホールで、再開後初の客入れ興行となる。製菓会社の営業マンボクサーの佐川には会社の社長をはじめ、専務、部長、同僚らが応援に駆けつけてくれる予定という。「このご時世でわざわざ来て下さる。ありがたいです。良い試合を見せたい」と意気込んだ佐川は「お客さんあってのボクシング。見に来てくれたお客さんが、『面白かった』と言ってくれる試合をしたい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請