セビリア、ルーカス・オカンポスのヘディング弾でEL準決勝へ

決勝点を挙げたオカポスを中心に喜ぶセビリアのイレブン(ロイター)
決勝点を挙げたオカポスを中心に喜ぶセビリアのイレブン(ロイター)

 欧州リーグ(EL)の準々決勝が11日に各地で行われ、セビリア(スペイン)が、ウルバーハンプトン(イングランド)に1―0で勝利した。シャフタル・ドネツク(ウクライナ)は、バーゼル(スイス)を4―1で下し、4強入りを決めた。

 セビリアは後半43分、左CKの流れから最後はアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスがヘディングシュートを決めた。これが決勝点となった。苦しみながらも16日の準決勝へ駒を進め、次戦ではマンチェスターU(イングランド)と対戦する。

 また、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)はインテル(イタリア)と対戦する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請