【浦和】東京五輪世代DF荻原拓也、J2新潟に期限付き移籍「必要とされる選手になって必ず戻ってきます」

J2新潟への期限付き移籍が決まり、報道陣にポーズを見せる浦和DF荻原拓也
J2新潟への期限付き移籍が決まり、報道陣にポーズを見せる浦和DF荻原拓也

 浦和は12日、東京五輪世代のDF荻原拓也(20)がJ2新潟に期限付き移籍することを発表した。期間は今月13日から来年1月31日まで。

 荻原は浦和のジュニアユース、ユースを経て、トップチームに昇格。18年3月7日のルヴァン杯・名古屋戦(4〇1)で先発し、2得点の活躍でプロデビューを飾った。一方でリーグ戦の出場は18年が8試合、昨年は4試合、今季は1試合にとどまっており、出場機会を求めて自身初となる他クラブへの移籍を決断した。

 鋭いドリブルと左足の強烈なシュートが武器で、左MFや左サイドバックなどをこなす“レフティーモンスター”。17年から世代別代表に招集され、東京五輪代表候補として期待を集めている。

 荻原はこの日、チーム練習には参加しなかったが、さいたま市内のクラブハウスを訪れ、報道陣に両親指を立てるサムアップポーズで健闘を誓った。

 クラブを通じてコメントを発表し、「ジュニアユースからずっと過ごしてきた大好きなこのクラブから離れる決断は、決して簡単ではありませんでした。チームの力になれなかったことに力不足と悔しさを感じています。ファン・サポーターのみなさんには、常に僕に対して期待感をもっていただき、気持ちのこもったご声援をいただいたこと、本当に感謝をしています。クラブにも、ファン・サポーターのみなさんにも必要とされる選手になって必ず戻ってきます」と意気込みを記した。

 ◆荻原 拓也(おぎわら・たくや)1999年11月23日、埼玉・川越市出身。20歳。浦和ジュニアユース、ユースを経て、トップ昇格。17年から世代別代表にも招集された。J1通算13試合無得点。175センチ、69キロ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請