山本泰さんが死去…PL学園率い甲子園初優勝、法大でも監督 スカウトとして岩隈久志を獲得

78年8月、夏の甲子園で優勝しナインから胴上げされるPL学園監督時代の山本さん(当時の名字は鶴岡)
78年8月、夏の甲子園で優勝しナインから胴上げされるPL学園監督時代の山本さん(当時の名字は鶴岡)

 PL学園高(大阪)、法大などで監督を務めた山本泰(やまもと・やすし)氏が、11日午前1時半、腹部大動脈りゅう破裂のため東京都府中市の病院で死去した。75歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者のみによる家族葬を予定。父はプロ野球の南海(現ソフトバンク)の黄金期に指揮を執った故・鶴岡一人元監督。法政二高(神奈川)、法大でプレーし、67年、南海にドラフト指名されたが社会人の日本楽器に入社した。

 74年にPL学園の監督に就任し、春2回、夏3回甲子園に出場。78年夏には木戸克彦(元阪神)らを率いて“逆転のPL”の異名がついた準決勝と決勝のサヨナラ勝利で初の甲子園大会優勝に導いた。プロ野球の近鉄でスカウト、米大リーグのマリナーズでも日本担当スカウトも務め近鉄時代には岩隈久志(現巨人)を獲得。2016年に学生野球資格を回復し、母校の法政二高でコーチを務めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請