【鳥栖】金明輝監督、コロナ陽性 8日鹿島戦前「違和感」も指揮 12日ルヴァン杯広島戦へ選手“陰性待ち”

鳥栖・金明輝監督
鳥栖・金明輝監督

 鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。Jリーグ監督の感染判明は初めて。スタッフ3人が濃厚接触者と判定されたが、選手にはいないという。

 オンラインで会見した竹原稔社長(59)によると、金監督はアウェー・鹿島戦が行われた8日昼に「違和感」があったが、発熱及びせき、味覚・嗅覚障害などの症状はなかったことから試合を指揮。9日夜に38度の発熱があり10日朝には平熱に戻ったが、前日に続きけん怠感を訴え佐賀県内の病院でPCR検査を受けたところ陽性と判定された。

 「違和感」について、クラブは当初「体調不良」と発表したが、竹原社長は「言葉が一人歩きした」と修正。「微妙な違和感がある程度。試合の緊張感やストレスから来るものなのか、判断がつかなかった」と説明した。8日の違和感や9日の発熱に関して監督からの連絡はなく、状況を把握できたのは陽性判定後。社長は「管理不行き届きがあったと認識している」と謝罪した。

 クラブは保健所の指導のもと、濃厚接触者のスタッフ3人を隔離。さらにこの日、トップチームの選手やスタッフを含む89人にクラブ独自でPCR検査を実施した。12日は敵地でルヴァン杯・広島戦(Eスタ)。選手は自宅待機しており、検査結果の判明後に広島へ移動する予定となっている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請