【日本ハム】上沢直之が一発に泣く…6回3失点で2敗目「申し訳ない」 連勝も4でストップ

5回2死二、三塁、マーティン(右奥)に逆転3ランを浴びた上沢直之(左)
5回2死二、三塁、マーティン(右奥)に逆転3ランを浴びた上沢直之(左)

◆パ・リーグ 日本ハム1―3ロッテ(11日・ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムは、ロッテに痛い逆転負けを喫して連勝が4で止まった。

 先発は上沢直之投手(26)。左膝蓋(しつがい)骨骨折から復帰後、初のビジター球場での先発となったが、10メートルを超える強風で制球に苦しむ場面もありながら4回まで1安打無失点と好投。しかし1点リードの5回に2死二、三塁のピンチを招くと、マーティンに右翼席への逆転3ランを被弾。これが決勝点となった。

 6回3安打3失点と先発として最低限の仕事は果たしたが、降板後「大事なところで踏ん張ることができず、申し訳ない気持ちでいっぱい。(5回は)本塁打を打たれるという、やってはいけないことをしてしまい、次回に向けて反省しなければいけない」とコメントした。

 打線も2回以降は得点を奪えず、8安打を放ちながらわずか1得点。2番で起用した渡辺の2度のバント失敗などもあり、攻撃のリズムがつかめなかった。栗山監督は「ナオ(上沢)には本当に悪いことをした。(本塁打の)あの1球だけなので。点を取ってあげられなかったので、次はしっかりと勝たせてあげたい」と、右腕をかばった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請