【横浜C】三浦知良、初の札幌ドーム弾狙う 12日ルヴァン杯先発へ

札幌へ移動する横浜C・三浦(左)は空港で偶然会った東京V・永井監督と談笑
札幌へ移動する横浜C・三浦(左)は空港で偶然会った東京V・永井監督と談笑

 横浜CのFW三浦知良(53)が11日、ルヴァン杯グループステージ(GS)第3節・札幌戦に備え、現地入りした。自身初の“札幌ドーム弾”を狙う。

 ルヴァン杯2戦連続先発濃厚のカズは「暑いね」と羽田空港に到着すると、出発時間が重なった東京Vの永井秀樹監督(49)と談笑。リラックスした様子で出発した。

 プロ35年目のカズはこれまでJリーグの公式戦(リーグ、ルヴァン杯)に618試合出場し、計180点(J1・139点、J2・17点、ルヴァン杯・24点)を記録した。会場の内訳は、V川崎(現・東京V)のホームだった等々力で最多の30点、代表戦のイメージも強い国立では26点など計34会場でゴールを重ねたが、01年に開業した札幌ドームでは無得点。「前回の勝利を次につなげたい」と自身初の札幌ドーム弾で、悲願の“1人カズダンス”への期待が膨らむ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請