【鳥栖】金監督がPCR検査で陽性判定…指揮した8日・鹿島戦前にすでに体調不良に

鳥栖・金明輝監督
鳥栖・金明輝監督

 鳥栖は11日、金明輝監督(39)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。金監督はJ1のアウェー鹿島戦が行われた8日に昼に体調不良を感じたが、発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなかったことで、試合を指揮。9日の夜に38度の発熱があり、10日に佐賀県内の病院にてPCR検査を実施し、陽性判定を受けた。

 鳥栖は保健所の指導のもと、濃厚接触者とされたスタッフ3名の隔離し、クラブハウスの消毒等を行う。また選手は濃厚接触者と判断はされていないが、念のためにこの日PCR検査をトップチームおよびクラブスタッフ、アカデミースタッフ全員実施した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請