新型コロナによる来日困難でプロレス王座返上、GHCタッグ王者デュプリ&ワグナーJr…「両選手揃っての来日が困難」

◆プロレスリング・ノア「NOAH the CHRONICLE vol.3」(10日、横浜文化体育館)

 プロレスリング・ノアは10日、横浜文化体育館大会でGHCタッグ王者のイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&レネ・デュプリ組が新型コロナウイルスの感染拡大で来日が難しくなったため王座を返上したことを発表した。

 ワグナーJr.とデュプリ組は4月19日・ノア特設アリーナ大会にて開催されたGHCタッグ選手権試合で王座を奪取したが、ノアによると、新型コロナ禍で両選手そろっての来日が困難となり、両選手からタッグ王座返上の申し出があったという。これを受けてノアでは、協議の結果、王座返上の申し出を受諾することを決定した。

 デュプリはこの日の横浜文体大会でスクリーンに登場し王座返上を発表し、今後、新王者が決定すれば最初の挑戦者に名乗り出ることを明かしていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請