バレー石川祐希 イタリアへ出発で強い決意「トップに上り詰めるための1年」

来季に向けイタリアへ出発した石川祐希(グッドオンユー提供)
来季に向けイタリアへ出発した石川祐希(グッドオンユー提供)

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)が10日、イタリア・セリエAのミラノに合流するため、航空機で出発。オンラインで取材に応じた石川は「今季はトップに上り詰めるための1年。今季によっては今後のキャリアが大きく変わると思って緊張感を持って臨みたい」と強い決意を示した。

 今季から加入するミラノは昨季、新型コロナウイルスによるリーグ打ち切りがあったものの12勝7敗で5位。イタリアのリーグは最近4季でルーベ、モデナ、ペルージャ、トレンティーノの4強が上位を独占している状態だが「ここで結果を出せば(4強からも)オファーをもらえる。その目標を達成するためにも今季が重要」と強調。年齢的にも若いチームといい「困った時に頼られる存在になりたい。そのためにもしっかりコミュニケーションを取りたい」と語った。

 イタリアのバレーボールは9月13日にカップ戦が開幕し、トリノはホームでヴェローナと対戦。27日からはリーグ戦も始まり、チステルナ(ホーム)との開幕戦を行う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請